ジャンプ感想

2017/12/05

  1. アイシル

銭湯の女湯での会話に妄想を膨らませるのは、奇面組でもあった定番ネタ。とは、いえこういうのは、オチがわかっていてもおもしろいなあ。どうせその下は、美少女なんだろとわかっている牛乳瓶地味眼鏡娘(最近は、眼鏡が似合う美少女にシフトしてますが)に匹敵します。今回は、そろそろまもりにきづかせようかとおもいつつセナの気持ちが鈴音に向いていることをアピール。湯煙妄想鈴音〜。一方の赤羽は、走りながら抑えるリードブロッカー、準決勝でのタイミングを測ったような描写と今回の膨大なデータからスピードやパワーでは、なく相手の癖やデータからコースや動きを読んでくるタイプですな。一見セナのライバルのようだがヒル魔・・・あるいわ・・・