こんばんは。今日は妻と結婚式の衣装を合わせてきました。

今日は私が、結婚式をする上で思ったことなんかをつらつら書きたいと思います。

 

金は必要

 当たり前だけど、結婚式お金かかります。

 写真だけ撮る結婚式も今はあるらしいんで、そういうのを考えている人にはこれから書くことはあんまり関係ないと思うので読み飛ばしてください。

 

 具体的にどれくらいお金かかるかというと、当然規模にもよるんですが200~300万は絶対かかると思います。

 

 本当に親族だけのお食事会を考えている人は別だと思いますけど、お金は絶対に必要ですから準備しておいてください。

 

どういう式にしたいか、具体的にイメージする。

 当たり前なんですけど、とても大事なことです。

 私はこれが中途半端になってしまって、ちょっともたついてしまったところがあります。

 

 結婚式をどんな結婚式にしたいのか?どんなイメージなのか?

 パートナーと熱い議論を何度も何度も、お互いのイメージが細かい部分まで固まるまで話あいましょう。

 

 どうしてもなかなか、イメージが固まらなくてもここで話あっておくことは、のちのち式場の人と話し合いをするときにボディブローのようにじわじわと効いてきます。

 

 式のイメージがある程度固まっていると、話の進み具合が全然違うと思いますよ。

式を挙げる日にちを早めに決める

 マジで早くやったほうがいいです。

 招待客を決めるよりも、まず日取り決めてください。先に日取りです。

 

 私は仕事の都合で一回決めた式の日取りを、あとで変更しました。

 そういうこともまれにあると思うので、式をあげる人は早く日取りを決めましょう。

 

 日取りを決めるのは早ければ早いほどいいと思います。

 具体的には、半年前とかでもいいと思います。

 

 そりゃ早すぎるんじゃないか?って思う人もいるでしょうけど、それくらいでちょうどいいくらいかもしれません。早めに相談にいくと式場の人にはちょっと褒められると思います。

ブライダルフェアは何か所でもいくべし

 ブライダルフェアというのは、無料でコース料理が食べれたり、式場がみれたり、ドレス着せてもらったりするやつです。

 

 これは絶対に行ったほうがいいです。

 この式場がいいなーっていうところがあったらブライダルフェアをやっているかチェックしましょう。そして行ってみてください。

 

 実際にどういう雰囲気なのかがよくわかるし、どのような結婚式にするのかイメージが付きやすくなると思います。

 またブライダルフェア自体が結構楽しいので、本当におすすめです。

 

 ブライダルフェアの最後に式場の人と作戦会議をする時間があるので、そこで疑問点を全部ぶつけてやりましょう。

 

 そこでの対応でも、「おっこの式場よさそうやんけ。」「なんかこやつ頼りなさそうじゃのう」とか結構はっきりわかれます。

 どうせ、式を挙げるなら選択肢は多いほうがいいですよね?

 

 誰を招待するとか、いろいろ悩むこともあると思いますが、

 お金をためる→日取りを決める→ブライダルフェアに行く→相談する

 

の順番でやるのが、スムーズにいくんじゃないかな?って思いますよ。

 結婚式をこれから挙げようと思う人はこの流れでどうぞ。

 

招待状を出す

 ここまで来たら、次はおそらく招待状を出すって段階だと思うんですがよく3カ月前までには出すとかいろいろ言われますけど、今は寛容な世の中だからある程度時間が詰まってても全然大丈夫です。

 

 招待状が届いたのが1カ月前くらいになってしまったとしても、それより前に電話とかで確認をとっておけば、先方にも失礼はないことでしょう。

 

 でも、これも早いに越したことはないので、早め早めにちゃちゃっと出してしまうことを強くお勧めします。

 

 誰を呼ぶか?については呼びたい人呼べばいいんだと思います。

 私は会社の人誰も呼ばないことにしました。

 親族と友人だけです。

 

 会社の人呼ばなかったら何か言われるんじゃないかとか思う方もいるかもしれませんが、相談して決めたことを上司なりにちゃんと伝えれば何一つ問題ないでしょう。

 

 会社の人ってだけで結婚式に呼ぶよりも、本当に祝ってくれる人だけを呼んだほうがいいんじゃないかな、って個人的には思いますけど。

 

 ただ会社のあの人は呼ぶけど、この人は呼ばないみたいにするとあなたの立場もあるでしょうから、そこはうまくやってください。

 

余興とか二次会もいらないと思う

 あと結婚式によくある余興とかも、あれ結構嫌いな人多いと思うんですよね。

 やる方も大変だし、見る方も辛い時があります。

 

 だから私はやらないことにしました。

 たぶんですけど、余興がなかったからといってしらけた空気にはならないと思いますし、余興がないなんて有り得ない!って騒ぐ人もいないですよ。

 

 カラオケくらいならいいと思うんですけど、劇とかはじめたり裸になってみたりする余興を見たことがあって、ちょっとマイナスイメージが強いんですよね。

 

 私は余興をいれないかわりに、料理とかにお金をかけました。

 親戚のおじさんとかって、結婚式にきてるというより昼間から酒が飲めるくらいの感覚だと思うので料理に力をいれればそれで満足するだろう、という発想ですね。

 

 せっかくの結婚式なんだから、慣例だからといっても嫌なことはしない。

 結婚式くらい自分の好きなようにする、という発想です。

 

まとめ

 早め早めの準備が大切で、あなたの本当にしたい結婚式をしてください、という事です。

 普段は金の話ばっかりしてる金の亡者みたいな私ですが、結婚式は費用とか全然考えないで、やりたいように設定しました。

 準備は大変だと思いますが、早めに動き出せば大したことはないです。

 

 とりあえずブライダルフェア行ってください。