今回は
アニメ 冴えない彼女の育てかた
の感想です。

僕は冴えカノと呼んでいるので以下冴えカノと表記します。(正しくは多分冴えヒロ)



主人公がギャルゲーを作るために仲間集めと並行して、運命的に出会った”個性が死んでる”ヒロインをヒロインとして育て上げていく、という物語。

まぁヒロインは勝手に自分で成長していくわけですが、それは主人公の影響もあっての話なのでいつの間にか育てている、みたいな感じです。

ラノベ原作によくある、(メインヒロインを除く)ヒロインはみんな何かしら過去に主人公と何かあります。


ラノベがアニメ化すると、大体3話で1巻分なんですけど、この冴えカノもまさに同じようなストーリー構成になってます。簡単に言えば3話でヒロイン1人ずつの悩みを解決していく的な内容です。

ただ、違うのは最初に0話というメンバーが全員揃った後のある日の旅行回という、これから出てくる登場人物を説明する回があるのが他の作品と違う斬新なところです。普通OVAで最終話の後にやるべき内容なんですけど…。
この旅行回、素晴らしいんですよね!キャラの魅力がうまく引き出されているし、冴えないヒロインの冴えない感じも正ヒロイン感も両方出てるし、お風呂シーンというサービスもあるし、ちょっとエッチなシーンもある、まさにハーレムラブコメって感じがします。




まぁ、このアニメ、結構なハーレムラブコメなんですけど、なぜかクソアニメ感がないんだよなぁ…。(ハーレムラブコメアニメのクソアニメ感は異常)


多分、このアニメの脚本やってる人が原作者の丸戸史明って人なんですけど、この人、ラノベ書く前はギャルゲーのシナリオ作ってるんですよね。
だから、1人1人の悩みの解決の仕方がギャルゲーっぽいんですよ。内容がしっかりしていて、ドラマチックなんですよね、それでいてキャラが魅力的に映る。
ヒロインを攻略しているかのような内容で、見ていて充実感があるんですよね。更にどのヒロインもどんどん好きになってしまうようなうまい展開になっている。


ということでどのヒロインも魅力的なんです。


特に加藤恵さん!!!


冴えないメインヒロインのはずなんですけど、

最後の方はもう完全にメインヒロイン


主人公の家で飲み物用意してたり料理作ったりさりげないところで正妻力を発揮している

言動の一つ一つに優しさがにじみ出ている

なんというか実は文句のつけようがないメインヒロインなんです



嫁にしたい……



他のヒロインも可愛いんですよ?
全員メインヒロイン並みの魅力を持ってます。

みんな可愛い!

最高!

他のヒロインで特に印象に残っているのはいつもはツンデレの澤村・スペンサー・英梨々ちゃんが泣きながら主人公に自分の悩みというか本心を叫ぶところですね。
仕草や表情がグッと来ます。その後の主人公に認められるような作品を作ると決意する英梨々ちゃんもまた可愛いんですよね。




それと、





最終回にライブがあるアニメは神作






まさかここでグレンラガンの曲聞けるとは思わなかった。胸が熱くなりました。


オリジナルの曲もすごい聴きやすくて良かった、CDは出るのん?BD特典だったら許さないよ!

これは俺ガイル以来のBDマラソンしたくなるアニメでした。お金があれば集めたい…。


OP.EDも両方とも口ずさみたくなるようなポップさを感じる良曲でした。沢井美空さんのEDのカラフル。は特に聞いてるだけで心が暖かくなる幸せな曲でした。最高…。


これはもう円盤売れるし二期確定だろ。
楽しみだな〜。


というわけで、アニメ冴えカノはヒロインが魅力的でストーリーもしっかりしてて面白く作画もなかなか安定している素晴らしいアニメでした!神アニメ!


以上!今日はここまで!

次回更新は未定です。


アニメ 冴えない彼女の育てかたHP
http://www.saenai.tv/sp/